稲城市と川崎市の境の公園で稲城市側に枝を伸ばした約15mのクヌギを強剪定しました。
梯子の先からおもりを投げ、できるだけ高いところにロープをかけて、切る部分まで幹を登っていきたいのですが足が滑ってなかなか登れず、やっとの思いで切り落としました。終わってから3~4日は全身が筋肉痛でした。
お金をかけて木登り用の道具を購入すればもっと楽にできるのですが、何分高価な道具のため踏ん切りがつきませんでした。
しかし、毎回こんなに疲れてしまうと翌日の仕事にも影響するので、次に同じような高さの高木の仕事が来たら、購入しようと決めました。